水漏れのトラブルと賠償責任による修理

水漏れのトラブルと賠償責任による修理 マンションやアパートなどの集合住宅で起こるトラブルとして多いのが水漏れです。トイレやキッチン、洗面台やバスルームなどで水漏れを起こしてしまい、長時間気づかないままになると下の階に被害が及びます。こうなると下の階の住人や大家さんなどに迷惑がかかることから賠償責任問題に発展するケースも珍しくありません。一戸建ての場合は被害が大きくなる可能性は少なく、自らの責任で水道 修理をすることで解決することができますが、マンションやアパートなどの集合住宅の場合はそうはいきません。

■水漏れの原因

屋上の防水の不備によって溜まった雨水が階下の部屋に漏れ出す、外構部の雨どいにゴミが詰まって配管から水が噴出する、雨どいに使用されている配管が老朽化することで水が漏れてしまう、配管部分に結露水が溜まっている、浴室やキッチン、洗面台などで防水処理を超える高さの位置で水を使用したなどが原因で起こります。そして、蛇口やシャワーの水を出しっぱなしにしてしまったことでシンクや洗面台、浴室から水が溢れ出し、結果として水漏れのトラブルを引き起こしてしまった場合は使用者の問題になります。水を出しっぱなしにしなくてもトイレに生理用品やおむつなどを流したり、ゴミが排水口を塞いでいるにも関わらず水を使い続けるなども原因になります。

■必ずしも上の階とは限らない
水漏れのトラブルの厄介な点として挙げられるのが音がしないという点です。汚水でなければ臭いもなく、水が漏れていることに気づけないことも多いことから、気づいたときには甚大な被害になっているということも珍しくありません。集合住宅の構造によっては水が漏れて長期間放置されていたことで建物そのものに被害を与えてしまうこともあります。また最終的に水が落ちてきた箇所が被害にあったところになるものの、必ずしも原因が上の階にあるとは限りません。水は低いところに流れるものなので、上階から流れていることに変わりはないのですが、集合住宅の構造によっては真上ではなく離れた部屋から伝って落ちてきている可能性もあります。

■水漏れの原因とその責任をとる人

各部屋から起こっている場合は当然ながら、その部屋の所有者が水漏れに関する修理や賠償などの責任を取ることになります。他の入居者の部屋に被害が及んでいる場合だけではなく、共用部とされているエントランスや廊下、バルコニーなども特定の部屋が原因となっている場合にもその部屋の所有者が責任を取らなければいけないことがあります。また、共用部の配管が原因で起こっている場合は管理組合などが責任を取り修理をします。マンションやアパートに入居する場合、必須となっているのが火災保険への加入ですが、水漏れのトラブルが特に多いことから水漏れに対応した賠償責任保険に加入しておかなければなりません。こういった賠償責任保険は単体ではなく火災保険や自動車の任意保険、傷害保険などに特約としてつけることになります。原因となった部屋の所有者が保険に加入していれば賠償してもらうことができますし、場合によって被害者でも自分が加入している保険会社に保険金の請求を行うことができます。加害者にも被害者にもなる可能性があることから、万が一に備えて保険を見直しておきましょう。

■まとめ
このように、マンションやアパートなどの集合住宅で起こる水漏れは場合によっては甚大な被害に繋がります。まずは原因を特定して、どこに責任がかかるのかを突き止めることが先決ですが、場合によっては被害者が泣き寝入りしなければならない可能性もあるので加害者、被害者ともに、なる可能性を考えて日頃からしっかり対処しておきましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース