洗面台の水漏れのチェックと修理

洗面台を使おうとしたら床が濡れている、ビショビショに濡れているわけではないけどなんとなく洗面所の床がいつも湿っぽいなど、水をこぼした記憶はないのに洗面台の周辺に水気があるという場合は水漏れが起こっている可能性があります。

■洗面台から水漏れが起こる理由

洗面台から水漏れが起こっている場合にまず調べる箇所としては、蛇口のホースや止水栓、排水パイプ、塩ビ管のつなぎ目などです。これらのどこかに異常が起こっていることで水漏れを起こしていることがほとんどです。パッキンの劣化やナット類の緩み、配管やホースの破損などによって起こりやすくなります。原因を特定するには、どこから水が漏れているかをまず確認します。蛇口をひねって水を出していると水が染み出してくる箇所を確認することができ、箇所を特定することができれば蛇口 交換や修理を行います。出す水の量が少ない場合はなかなか見つけられないこともあるので少しだけ勢いよく水を出して確認していきましょう。

■どんな修理が必要?
水が漏れている箇所を特定したら、箇所に合わせて修理を行います。例えば止水栓から水がちょろちょろと漏れている場合はパッキンの劣化が原因になっていることがあります。そのため、三角パッキンやコマパッキンなどを交換するだけで、比較的簡単に修理をすることができます。ただし止水栓のパッキンを交換する場合は必ず水道の元栓を締めてから行うようにしましょう。

■水漏れを防止するには

洗面台の水漏れを防止するには普段から水が漏れていないか定期的にチェックすることが大切です。床が濡れて気づくという場合は長期間放置してしまっている可能性があります。配管のつなぎ目など、収納スペースを掃除するついでにチェックすることで早めに発見することができますし、緩んでいる場合はレンチやペンチなどを使って締めることで防ぐことができます。締めすぎると逆に排水管などを破損させてしまう可能性があるので力の入れすぎに注意しましょう。

■まとめ
洗面台の水漏れの修理は自分で部品を調達することで簡単にできることもあり、チェックも比較的しやすいものです。ただし場合によっては自分で修理することができない場合もあるので、そんなときは修理を行っている業者に依頼しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ