トイレタンクの水漏れのチェックと修理

一般的な水洗トイレのタンクをロータンクと言います。そして、トイレ 水漏れで多いのがトイレタンクからの水漏れです。止水栓から水が漏れる、給水管から水が落ちている、便器の中に水が溜まっているのに流れ続けているなどいくつかのパターンがあります。

■水が止まらないのはタンクの水漏れ

トイレを流してしばらくしても水が止まらない場合はトイレタンクが原因で起こっている水漏れです。止水栓や給水管、レバー部分、その他内部からの水漏れなどが考えられます。また少しずつ流れ続けている、タンクの中でポタポタ出続けている場合も水漏れが疑われます。タンクの水漏れの最大の原因は経年劣化であることが多く、一般的にタンク自体の耐用年数は7年~10年と言われています。10年以上使用しているタンクの場合は修理だけではなく交換を検討する必要も出てきます。

■こんなときは自分で修理できる
生活していく中でトイレは必要不可欠なものであることから、できれば自分ですぐに修理したいと考える人も多いのではないでしょうか。自分で直せる判断基準としては、原因を特定できる、使用から10年前後経過していない、部品やパーツが入手できる、タンクの保証期間内であるなどです。

■節水のしすぎが水漏れの原因になる

水道代を節約するためにタンクの中にペットボトルなどを入れているという人もいるのではないでしょうか。ペットボトルなどに水を入れて重りにすることで使用する水の量を少なくすることができるという仕組みですが、これがタンクから水が漏れる原因になっている場合があります。ペットボトルが浮き玉やゴムフロートの邪魔をしてしまい、水が流れないだけではなく、流れ続けることもあり、過度な節水をすることが逆に無駄使いをしている可能性もあるので注意が必要です。

■まとめ
トイレタンクからの水漏れはタンク自体の経年劣化やそのほかの部品の劣化、欠損などが主な原因として挙げられますが、中にはペットボトルなどを使用した節水が原因になっていることもあります。タンクからの水漏れは一度起こると頻繁に起こることも珍しくないことから、何度も起こっている場合はプロに依頼する、タンクを交換するなどの検討も必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ